サビアンはんが 水瓶座12度(水瓶座12.jpg)

「上へと順に並ぶ階段の上の人々」
People on stairs graduated upward.

水瓶座的には平等であるはずなのになんで階段??と私は思ったのだけど、graduatedは目盛という意味もあるようなので、これは独自の判断基準というように考えたほうがよいみたいです。水瓶座らしい独自の視点。太陽がこの度数の現代美術家の村上隆氏。水瓶座に5天体で有名です。

氏の集めたコレクション展が横浜であったけど、選ぶ視点は素人とは全然違うのだろうなーと思います。

あとみうらじゅん氏の太陽もこの度数。「マイブーム」っていうのやってましたよね・・

この二人のアーティストの雰囲気から考えると、この度数は独自の視点で情報を編集できそうです。双子座も情報編集できるけど、水瓶座ほどユニークではないかなと感じます。

また、私は中央の二人は会話しているシーンに作っていますが、1段上にいる人はもしかしたら私たちのガイドさんかもしれないなぁ・・・とも思って作っていました。

階段は人生の道そのもの。より高みに登ろうとするときに、一歩先に行く人からアドバイスを受けたり、アドバイスしたり・・みたいなこともありそう。

清水哲太郎 バレエ  太陽がこの度数


330×480px
jpg
300dpi

¥ 800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(70370 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。