サビアンはんが 水瓶座8度(水瓶座08.jpg)

「美しい衣装を着た蝋人形」
Beautifully gowned wax figures.

蝋人形を初めて見たのは、小学校の時、東京タワーの蝋人形館。でも人間のエネルギーを感じないんだけど本物のように見えるんですよね・・・この微妙な嘘臭さ・・・でもここの蝋人形館はシチュエーションがかなり怖かった記憶があります。

あとはフィレンツェの・・・ラスコペラという博物館、大学付属の資料室みたいなところだったと思います。部屋はいると、最初は動物の標本ルームが続き、部屋の1番後ろのほうは人体標本ルームになっていた。これも蝋人形だったはず。

ここが人体標本のはずなのに、詩的 でアートな蝋人形の世界なのであります。美しい顔の女性なのにお腹が切り裂かれれている・・・妊娠中のお腹で胎児がいたり・・・・・・・というようなものもあってですな・・・・

グロ美しいという世界。色も薄くて綺麗だった。

さてここの度数ですが、一つ前の度数、卵から生まれた「つるん」とした子供が、より良い見栄えのために、良いお洋服来ておすまししているような感じです。本心はどうなのかわからないけど、今をそういうフリをすることを要求されているなら、この象徴は、やりきるのですね。

蝋人形は動かない。感情の揺れもない。永遠に止まっている。冷静に役割をやり通すことができそうです。

でももしかして人間の感情というものを最もめんどくさいと思っているので、それをあえて真似して人間のフリをしている人かもしれませんね・・・宇宙人かな。

これはフランス人形が浮かび、そこからマリーアントワネットのお洋服になりました。アントワネットもある意味フランスの女王という、見栄えのための役割を果たした人だ。

自分のエゴを置いといて、役割になりきれる。


東郷平八郎 1848/1/27 太陽この度数 この世代は冥王星天王星牡羊座・・・
杉森建 ゲームクリエーター 1966/1/27


330×480px
jpg
300dpi

¥ 800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(93124 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。